情報

パワーメーターって何?ロードバイク初心者に必要なのか

パワーメーターを調べてみた

パワーメーターとはワット(出力)が測れる機械。

ワット(出力)とは、1秒あたりの仕事量ということ。

ワットはトルク×ケイデンスで測れる。

トルクが大きくてケイデンスも大きいと、単純にワットは大きくなる。

何が分かるの?

出力が高ければ早く走れているという事なのでパワーアップしていると分かる。

また、走行時間によって出力を把握することで自分の強み、弱みを知ることができるそうだ。

どうやって使うの?

FTP

パワーメーターを調べるとFTPという単語が出てきた。

これは1時間本気で回した時の平均パワー。

パワートレーニングではこのFTPを向上させるべく、具体的なワット数でペダルを回します。そしてトレーニングのひとつのフェーズが終了したら、あらためてFTPを計測し、以前のFTPと比較してトレーニング効果の検証を行います。

パワトレの始まり「FTPテスト」 そして目標設定、4カ月後の私は…これだけ強くなる! – cyclist

トレーニングメニュー

これは自分で組むより作ったものをこなした方が効率的かと思う。

◆トレーニング強度のレベル

レベル1(L1):「アクティブリカバリー」=FTPの55%以下
レベル2(L2):「エンデュランス」=FTPの56-75%
レベル3(L3):「テンポ」=FTPの76-90%
レベル4(L4):「スイートスポット」=FTPの88-94%、「LT」=FTPの91-105%
レベル5(L5):「VO2max」=FTPの106-120%
レベル6(L6):「アネロビック」=FTPの121-150%
レベル7(L7):「スプリント」=MAXパワー

パワトレメニューってどうやって作るの? 「レース強度を考えたプラン作りが大切」 – cyclist

初心者レース前1カ月のメニュー(例)

1週目:90秒(L5)×3本(リカバリーはL1)、+5分(L3)×2本を2~3日間/週
2週目:90秒(L5)×4本(リカバリーはL2)、+5分(L3)×2本を2~3日間/週
3週目:90秒(L5)×3本(リカバリーはL1)、+5分(L3)×2本を2~3日間/週
4週目:調整期間
※インターバル間のレストはメニューのゾーンレベルを維持できる時間を取る

 どんな種類があるの?

ペダルタイプ

取り付けが簡単で精度高い

チェーンリング式

制度や耐久性が高い

ハブ

正確性、堅牢性

初心者に必要か

メニューを淡々とこなし効率良く練習できるので導入の価値あり。

自分の数値を知っていればレースしている時、まだ行けるか判断材料の一つとなると思う。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  2. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. 情報

    ロードバイクのおすすめライトCAT EYEのUSBタイプを3つ調べてみた

    夜間は昼間に比べ視界が悪くなる。見通しが悪いと自分だけでなく他…

  2. 情報

    サイクルウェアとかサイクルジャージの古着USEDがおしゃれすぎる。

    サイクルウェア選びは楽しい。新しいウェアを着てロードバイクに乗ると…

  3. 情報

    体力は30歳から低下する?軽減するにはどうしたらいいのか

    加齢は避けられないが体力は、20歳代をピークにして、その後は加齢に…

  4. 情報

    FELTのロードバイクを選んでみた

    ⇒前回の記事でジャイアントについて書いたので、今回はFELTの記事を書…

  5. 情報

    自分の命は自分で守る!ハンガーノックを知る。

    ロードバイク初心者も「ハンガーノック」という言葉を聞いたことがあるかも…

  6. 情報

    ビンディングシューズSPD-SL シマノ RC7のインプレをロードバイク初心者がしてみる。

    インプレ「シマノRC7」で40キロ程走ったのでインプレをします。…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 情報

    プライバシーポリシー
  2. 情報

    キャットアイのアプリCateye CyclingがStrava(ストラバ)に同期…
  3. インプレ記事

    おたふく手袋のパワーストレッチハイネックシャツは速乾性が優秀だった。
  4. テクニック

    ロードバイク初心者がヒルクライムのタイムを縮める方法を考えた
  5. テクニック

    梅雨対策。続けやすい簡単な方法でロードバイクの錆びを防ぐ。
PAGE TOP