情報

初めてロードバイクのホイールを替えるなら?人気で買いやすい価格のホイールを3つに絞ってみた

前後で2kgくらいのホイールだと「鉄下駄」と呼ばれるそうだ。

「鉄下駄」でもヒルクライムはできるし特に問題なく走れるが、ホイールを替えることで軽くなったり漕ぎだしが良くなったり走りが変わった実感があるそうだ。

しかしホイールは高い。

そこで、もし替える場合、比較的、買いやすい価格(5万程度)の人気ホイールを調べてみた。

替えるメリット

  1. 軽量化
    ロングライドやヒルクライムで軽さはメリットとなる。
  2. 速さ
    空力性能を重視したホイールは巡航速度が上がる。
  3. 見た目
    これは自分の気に入ったものでモチベーションが上がればロードバイクがもっと楽しめると思う。

材質の種類

  1. アルミ
  2. カーボン

ホイールは価格帯が広い

3万円程度から30万円以上。

5万程度で替えるなら

Zonda (ゾンダ) C17

これは定番だそうだ。確かにどのサイトや雑誌にも掲載されている。

漕ぎだしも良く、ロングライドでも安心して使えるそう。

 Racing (レーシング) 3

上記zondaの対抗馬として扱われる事が多い。

漕ぎだしが早くて速度の低下も緩やか。

RS81-C24

剛性が低いので体重が軽い人向け。

軽いのでヒルクライム向け。

まとめ

zondaはタイヤの23cが履けないので快適性や安全性が高い。

重量を軽くしようと思えばタイヤの23cとなるのでレーシング3かrs81となる。

レーシング3は剛性が高いので、体重が重い人はレーシング3かな。

軽い人はrs81。

ロードバイクのホイールは数が多くて迷うと思う。

自分に条件を棚卸することで絞れてくる。

  • 価格
  • 見た目
  • 自分の体重
  • 平地なのかヒルクライムなのか

せっかく買ったロードバイクの部品の一部である「鉄下駄」を履いて乗り続けるのも悪くない。

ただ、ホイールを替えることでロードバイクの楽しみや奥深さを感じれるかもしれない。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  2. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. 情報

    サイクルジャージってオーダーできるんだ。方法まとめ。

    いっぱしのローディはそれなりの見た目をしている。六甲山の頂上にある…

  2. 情報

    ロードバイクのフレーム形状の違いまとめ

    ロードバイクのフレームの形にはスローピングとホリゾンタルという形状があ…

  3. 情報

    ロードバイクの高額ホイールBORA Ultraを興味本位から調べてみた

    ロードバイクのホイールを購入する場合、性能や使用目的で検討したとしても…

  4. 情報

    プライバシーポリシー

    本文書は、当サイト(http://www.tomokici.com/)…

  5. 情報

    トレンドと逆行して15cのZONDA(ゾンダ)を買ってみた。23cか25cか問題。

    最近のホイールのトレンドは17Cですよね。プロレースではタイヤが今…

  6. 情報

    スマホをサイコン代わりにしているがiphone8がワイヤレス充電に対応すると便利になる?

    ロードバイクとスマホロードバイクに乗っているとき必ずスマホを携帯し…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 情報

    初めてのビンディングシューズ。シマノ RC7を選んだ。
  2. インプレ記事

    おたふく手袋のパワーストレッチハイネックシャツは速乾性が優秀だった。
  3. 情報

    ロードバイクのエアロハンドルかっこいい!空気抵抗も抑える優れもの!
  4. ひとりごと

    シューズカバーいる。冬にライドして実感。
  5. 情報

    クランク長の長さで何が変わるのか
PAGE TOP