情報

ロードバイクの高額ホイールBORA Ultraを興味本位から調べてみた

ロードバイクのホイールを購入する場合、性能や使用目的で検討したとしても、結局、予算を考えると思う。

今回は予算内という「しがらみ」を気にせず高級なホイールとはどんな物があってどんな性能なのか調べてみた。

海外通販で有名なwiggleで「価格の高い順」に並び替えてみた。

なんと!

驚いたことに、カンパニョーロのBORA Ultraというホイールが上位を占めていた!

他ショッピングサイトでも並べ替えてみたがこのシリーズが上位となる。

他にもホイール会社が多くある中でこれは驚きだった。

 順位(値段が高い順)

  1. ウルトラ35 クリンチャー(2018)
    約37万円
  2. ウルトラ50 クリンチャー(2018)
    約37万円(上記と同額だが名前順で2番としている)
  3.  ウルトラ35チューブラー(2018)
    約34万円

  4. ウルトラ50 チューブラー(2018)
    約34万円(上記と同額だが名前順で4番としている)

 

高すぎるやろ!

しかしこれを安いと思って買う時が来るのかもしれない。

いずれ。

性能は

  1. 踏んでからの反応の良さ
  2. 巡航速度
  3. 登板力

意外にBORA Ultraのインプレって多くない。

もう少し具体的に知りたいところ。

ベアリングが良いのでスピードが落ちにくいところも魅力的。

結局、全て満足するのか?

注意点

走行中に高温になることがあるので専用のブレーキシューが必要であったり一般的なチューブが使えなかったりする。

初心者に必要か

少なくとも2パターンあると思う。

  1. 早いし軽いしロードバイクにはまる
    初めからいいものを使うことで飽きずにロードバイクの魅力にはまる。
  2. 違いが分からない自分の走力も関係してくる。初めて乗るときからBORA Ultraだと、それが基準になるので、良いという性能に気付きにくいかもしれない。

まとめ

ロードバイクを楽しめるかどうか。

完成車についているホイールで走ってから、交換すれば「おおー!」っていう感動があると思うし、初めからいいホイールを着ける場合もロードバイクって楽しい!って思うはず。

結局はその機材によって自分が楽しくてロードバイクがおもしろくなれば良いと思う。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヒルクライムでダンシングとシッティングってどっちが早いのか前のページ

自分の命は自分で守る!ハンガーノックを知る。次のページ

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  2. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る
  3. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。

関連記事

  1. 情報

    30代でも大丈夫?ロードバイクで早くなる練習方法とは。

    最近始めたロードバイク。すっかりハマってしまった。もっと早くなりた…

  2. 情報

    パワーメーターって何?ロードバイク初心者に必要なのか

    パワーメーターを調べてみたパワーメーターとはワット(出力)が測れる…

  3. 情報

    通勤のビンディングペダルがめんどくさいがフラット化できるって?

    自転車通勤をしている。通勤でビンディングペダルを使っているが、…

  4. 情報

    ロードバイクのローラー台を外で乗ってる人を見て種類があることを知った。

    ローラー台って種類があるの?ロードバイクに乗ってクルクル回…

  5. 情報

    ロードバイクの休憩中に食べるアイスクリームって最高だけど脂質ってどうなの?

    「暑い。アイス食べよ。」はてなブログの今週のお題「好きなアイス」と…

  6. 情報

    サイクルジャージってオーダーできるんだ。方法まとめ。

    いっぱしのローディはそれなりの見た目をしている。六甲山の頂上にある…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 情報

    ロードバイクを会社帰りに練習したいのでドイターのバックパックを調べてみた
  2. 情報

    新しく買ったzondaホイールにスプロケを装着してみたら簡単だった件
  3. ひとりごと

    ロードバイクのブログを書いてからアクセス数が増えてきたのでそろそろ自己紹介する
  4. テクニック

    ロードバイクの空気入れ。最後の「プシュ音」は空気が抜けているのかメーカーに聞いて…
  5. ひとりごと

    クリートの交換時期がいまいち分からないけど替えてみた。
PAGE TOP