情報

キャットアイのアプリCateye CyclingがStrava(ストラバ)に同期できて便利!

キャットアイのサイコンであるパドローネスマートプラスを買いました。
このサイコンの最大の特徴は、スマホとBluetoothで繋がる点。
キャットアイサイクリングというアプリを使って、スマホとサイコン、スピードメーターや心拍計とBluetoothで繋ぐことができます。
このアプリが便利で使いやすかったので記事にします。

サイコンとスマホが繋がると何ができるか

1、走行データがアプリ上に保存されます。

このアプリ、視認性が良いです。
見やすい。
上の写真ではリスト形式で日付や時間、距離が表示されています。
カレンダー形式もあります。
そして、保存されたデータはストラバやCATEYE Atlas,Trainingpeaksにアップロードすることができるのです。

SNSにも投稿できますね。
この機能いいなと思ったのが下の写真。

そう、すでにアップロードしたデータは「アップロード済み」と表示されるんですね。
アップロードの重複を防げます。

2、サイコンの設定をアプリから行える。
サイコンに表示させる項目や、通知設定をアプリで操作できます。

画面カスタマイズで好きな項目を表示できます。

方角の表示もできますよ。
スマホのバッテリーの残量もサイコンから分かります。
また、パドローネスマートプラスはファームウェアのアップデートが可能です。
つまり、機能追加や改善があるとサイコンを最新の状態にできるということ。

キャットアイのホームページを見ると現在数か月に1回程度でアップデートしてますね。

ストラバと同時に使えない?

アプリは使いやすいと思います。
ただ、bluetoothって一対一なんですよね。
ストラバにも心拍計やスピードセンサーなどのデバイスとブルートゥースで接続できます。
でもそれをするとアプリと各デバイスが繋がらないんです。
アプリと繋がらないとどうなるか。
サイコンに心拍数とかケイデンスとか表示されないのです。
なので、各デバイスはキャットアイのアプリに接続するようにしています。
そして走行後、データをストラバにアップロードするようにしています。
アップロードは簡単です。
このアプリは操作性もいいですね。

まとめ

キャットアイのアプリについて参考になったでしょうか?
サイコンを使い慣れたスマホで操作できる点がいいですね。
このアプリはスマホのGPSを利用しているため、走行中はスマホを携帯している必要はあります。
私の場合はレースでない限り持参していますので問題はありません。
キャットアイのスマホと繋がるサイコンであるパドローネシリーズ、ストラーダスマートをこれから購入される方の参考になれば幸いです。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ズイフト(zwift)をスマホでやってみた!Bluetooth対応サイコンで気軽にできた。前のページ

鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試してみたよ!次のページ

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  2. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. 情報

    通勤のビンディングペダルがめんどくさいがフラット化できるって?

    自転車通勤をしている。通勤でビンディングペダルを使っているが、…

  2. 情報

    落車でブラケットが曲がった。直し方は簡単だった!

    落車でハンドルが曲がったので、意気消沈してました!ハンドル曲が…

  3. 情報

    人気タイヤのコンチネンタルグランプリ4000S2を調べてみた

    タイヤを交換する第一の理由は、消耗したタイヤから新しいタイヤに履き替え…

  4. 情報

    手組みホイールとか完組みホイールってなに?

    手組みの意味は分かる。辞書にも載っているし、一般的な意味は「人の手…

  5. 情報

    ロードバイクのおすすめライトCAT EYEのUSBタイプを3つ調べてみた

    夜間は昼間に比べ視界が悪くなる。見通しが悪いと自分だけでなく他…

  6. 情報

    ロードバイク初心者が考えるヒルクライムに必要な品

    ヒルクライムをしてみて必要だと思ったものヒルクライムしてみて今後買…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 走ってきました

    裏六甲dnfしたが復活したので一軒茶屋まで再トライした
  2. 情報

    ロードバイクでコンデジは必要?スマホで十分なのか。
  3. ひとりごと

    初めて六甲山の山頂を目指す。挑戦前夜
  4. 走ってきました

    アワイチでグルメも楽しまずただ走ってきただけの記事を書いてみる
  5. 情報

    プライバシーポリシー
PAGE TOP