情報

ロードバイクのおすすめライトCAT EYEのUSBタイプを3つ調べてみた

夜間は昼間に比べ視界が悪くなる。

見通しが悪いと自分だけでなく他人に危害を及ぼす可能性もある。

ロードバイクは速度が出る乗り物だ。

だからライトの着用は必須なのだ。

ライトの重要性

  • 路面状況の確認
  • 車やバイク、歩行者からの視認性
  • 道路交通法の遵守

過去記事で自転車の交通ルールや罰則を調べている。

道路法を守らなければ罰則があるので注意したい。

ロードバイク初心者が自転車の交通ルールを再確認した – ロードバイクで六甲山を登山する

電池式かUSB式か

ロードバイクでよく使用されるライトは2種類だ。

  • 電池を入れる物
  • USBから充電する物

USB式とは

バッテリーにUSBで充電できる物。

簡単に言うとスマホの充電と同じで通信ケーブルを経由して電力を供給する方法だ。

USB充電式のメリット

  • 充電式なので経済性に優れる
  • 乾電池を入れなくていいので軽い物が多い
  • モバイルバッテリーやスマホで充電可能
  • 200ルーメン以上の明るいライトが多い

この記事ではUSB充電のおすすめライトを紹介する。

 おすすめライト3選

f:id:atomkingu:20170720040135j:plain

VOLT200

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [VOLT200] リチウムイオン充電池 USB充電 ボルト200 HL-EL151RC

  • 重量: 58g
  • ハイ: 約2時間 200ルーメン
  • ロー: 約6時間 50ルーメン
  • 標準充電時間: 約3時間
  • 繰返し充放電回数: 標準300回
VOLT400

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [VOLT400 KIT] USBクレードルCRA-001&カートリッジバッテリーBA-2.2付属 ボルト400 HL-EL461RC HL-EL461RC+CRA-001+BA-2.2

  • 重量:120g
  • ハイ: 約3時間 400ルーメン
  • ミドル: 約8時間 100ルーメン
  • ロー: 約18時間 50ルーメン
  • 標準充電時間: 約6時間
  • 繰返し充放電回数: 標準300回
VOKT800

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [VOLT800] リチウムイオン充電式 ボルト800 HL-EL471RC HL-EL471RC

  • 重量: 140g
  • ハイ: 約2時間 800ルーメン
  • ミドル: 約3.5時間 400ルーメン
  • ロー: 約8時間 200ルーメン
  • 標準充電時間:約5時間〜9時間
  • 繰返し充放電回数: 標準300回

特におすすめはVOLT200

重量も軽くて58g。

ハイは200ルーメンあるので、夜間の一般道で問題ない。

値段も安価で3000円程度。

初めての方はこれを購入して損は無いだろう。

実際、自分も使用している。

ただ、駆動時間がハイで2時間なので、夜間に数時間はもたない。

夜練するならVOLT800

そして、夜間にヒルクライムしたりスピードを出す方はVOLT800をおすすめする。

ローでも200ルーメンあり、使用可能時間も長い。

状況に応じローやハイにすることでバッテリーの消耗を抑えることが出来る。

ルーメンの参考にビームチャート

ルーメンとは光束の単位。これは、電球などの照明器具から発せられる光の量の事だ。

夜間、市街地を走るなら100ルーメンは必要だと言われている。

そうは言っても、明るさがイメージできない方に、CAT EYEのサイトに「ビームチャート」といって各機種を実際に照射させ比較したものがある。

このサイトで実際の明るさを見た方が分かりやすいしイメージがわきやすいだろう。

www.cateye.com

電池切れ対策まとめ

光量を変えることでバッテリーが長持ちする。

状況に応じて光量を調節しよう。

そして、夜間に数時間、走行する際は必ず電池切れ対策を講じたい。

  • 予備バッテリー持参(VOLT400とVOLT800は予備バッテリーが買える)
  • モバイルバッテリーと接続
  • 2灯持ち

 今回紹介したおすすめライト3選

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  2. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る
  3. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。

関連記事

  1. 情報

    手作りのエナジーバーを簡単なレシピで作ってみた

    補給は大事だ。エネルギー切れは危険だ。補給食であるエナ…

  2. 情報

    FELTのロードバイクを選んでみた

    ⇒前回の記事でジャイアントについて書いたので、今回はFELTの記事を書…

  3. 情報

    ミノウラのLiveTraining(ライブトレーニング)を使ってみた。

    ローラー台を買いました。⇒ZWIFT(ズイフト)ができるミノウラの…

  4. 情報

    ワイヤーカッターでロードバイクの鍵を壊されたら

    以前に自転車を盗まれたことがあります。駅前の駐輪所に停めた時でした…

  5. 情報

    バイクパッキングでもロングライドでも使えるサドルバッグを選んでみた

    バイクパッキングが流行っている。自転車を楽しむ一つのカテゴリーだ。…

  6. 情報

    サイクルジャージってオーダーできるんだ。方法まとめ。

    いっぱしのローディはそれなりの見た目をしている。六甲山の頂上にある…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. ひとりごと

    クリートの交換時期がいまいち分からないけど替えてみた。
  2. 情報

    ココナラでアイコン作成が本当に500円だった件
  3. テクニック

    ギヤチェンジがぎこちないと思ったらワイヤーの初期伸びだった
  4. テクニック

    ビンディングペダルからカチカチ音がするので分解したらドツボにはまった
  5. 走ってきました

    2週間ぶりのロードバイクでヒルクライムしてみた結果
PAGE TOP