練習内容

下ハン持つとすぐに疲れるのでコツを調べてみた

ロードバイクで走行中、直線になると下ハンを持って加速してみる。
速度を出すには下ハンだろう。
そう思っているし、実際そうだろう?
しかし、正直に申すと下ハンじゃなくてブラケット部分を持って走ってる時と速度あんまり変わらないんです。
なんでだろう。
気分的には早いし、空気抵抗をなるべく抑えるために前傾姿勢もとってみる。
でも、速度は変わらない。
なんでや・・

下ハンのメリット

空気抵抗が少なくパワーを活かせる。

コツをまとめてみた

  • サドルの後方に座り、肘を軽く開いてハンドルを握り、前傾姿勢を深くとる。
  • 肘を絞りすぎるとハンドル操作がしづらい。
  • 腹筋・背筋がないと、長時間のポジションはきつい。

下ハンが苦手な方の特徴

肘を張らずに絞っている人が多いそうだ。
これをすると、骨盤が立ち前傾姿勢の維持ができない。
こうなるとすぐに疲れる。
肘を軽く内側に向けるように開き、外側からハンドルを握るようなイメージをすると良い。
そして、ハンドルには体重を掛けない様、肘は伸ばさない。
これは路面からのショックを和らぐため。

下ハンダンシング

ゴール前のスプリントでやるダンシング。
これできたらかっこいいなと思っている。
やってみるとフラフラしてなかなか上手くいかないし、そんなに早くない。
これも上体を起こさず、低く保つ。

1:00頃から参考になるダンシングをしている。

この動画も参考になる。
bring the bike to your feet(バイクを脚に引き付ける)
見てるだけで早くなれる気がする。

まとめ

まずは上体を起こさず低くすることを意識してみるか。
腹筋・背筋だけではなくバランス感覚も必要になってくる。
イメージではできるんだが、実際やると難しい。
信号がなくて直進で練習するしかない。

関連記事→もがきや追い込みで必要な粘り強さとロードバイクの関係

ランキングが励みになっておりますので押して頂くと有難いです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 六甲山

    ロードバイク初心者がヒルクライムのタイムを縮める方法を考えた

    ヒルクライムのタイムを縮めたい前回は息が上がらず六甲山を登ることが…

Latest

Archives

Categories

Facebook Page

PAGE TOP