情報

ロードバイクの電動変速di2かっこいい!!と思ったので調べてみた。

見れば見るほどかっこいい

電動コンポの話。

ボタンでシフトチェンジできるとかいいな。

シマノやSRAMやカンパといったメーカーから電動変速が発売されているが、シマノの「di2アルテグラ」という商品が値段的にも手を出しやすいかも。

なので今回はシマノの電動変速について調べてみた。

電動変速とは

コントロールレバーのスイッチを押すことで変速操作を電気信号に変換し、ディレイラーのモーターを動かして変速を行う。モーターの動作にはバッテリーを用いる。

シフトレバーを「グイっ」と押し込む動作が、スイッチの「ポチっ」に変わるってこと。

メリット

  • ストレス軽減
    スイッチを押すだけなので機械式みたいに押し込む必要がない。疲労時のストレスを軽減できる。指先がスイッチに届けば変速できる。
  • スイッチの増設ができる
    増設すれば走行中にハンドルを握り直さずにギアチェンジできる。
    例えば、下ハンに取り付ければ、スプリント中にも使えるし、ハンドルの上部に付ければ、楽な姿勢を維持できるのでロングライドにも使えそう。
  • メンテナンス
    電線なので機械式で使うワイヤーみたいに金属劣化がないので伸びたりしない。なので初めにセッティングが終われば、初期伸びもない。

いまのフレームって電動に対応できるのか

これは、結論から言うと・・できる!やった!

ただ、変えるには内装式と外装式があるので買う際は注意。

内装式

電動変速に対応したフレーム用。取付もバッテリーや電線をフレームに内装できるので見た目もすっきりしてかっこいい!

外装式

バッテリーと電線をフレームの外側に設置すればいいだけ。

なので、今のフレームでも電動変速にできる!

必要な物はSTI,フロントディレーラー、リアディレーラー、バッテリー、電線、ジャンクション2種類(電線を分岐させる部品)だけだ。

スプロケットとかチェーンとかブレーキは今のままでOK。

デメリットも

バッテリー切れ

充電が切れてもそのまま走ることはできるが変速ができなくなる。

ただ、満充電から700キロは走れるみたいだし、残量の確認も簡単にできる。

充電もコンセントはもちろん、USBでも出来るので日々、走行前に確認していれば特に問題は無いと思う。

 メンテナンス

多少、異物が入ってもディレイラーは動作する。その分、調整する際の変速時は、指など挟むと危険だ。自分でディレイラーの調整をするならケガをしないよう注意したい。

まとめ

電動変速はこれからのスタンダードになるのかもしれないと思った。

ただ、人力で走行するというロードバイクの基本的な構造は変わっていないので、電動であろうが機械式であろうが、ロードバイク自体を楽しめることに違いはないと思う。

パーツを替えることにメリット、デメリットはあると思うが、乗り手本人が楽しめたり、モチベーションが上がったりして必要だと感じれば、交換すればいいと思う。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る
  2. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  3. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。

関連記事

  1. 情報

    人気タイヤのコンチネンタルグランプリ4000S2を調べてみた

    タイヤを交換する第一の理由は、消耗したタイヤから新しいタイヤに履き替え…

  2. 情報

    ロードバイクのビンディングシューズのつま先だけが消耗する対策

    初めてのビンディングシューズを買って半年が経ちました。ワイズロード…

  3. 情報

    FELTのロードバイクを選んでみた

    ⇒前回の記事でジャイアントについて書いたので、今回はFELTの記事を書…

  4. 情報

    物を買うとき何を大事にしていますか?

    一番いいグレードでいいの?ロードバイクに限った話ではないが、物を買…

  5. 情報

    風邪を引いてロードバイク乗れなかったら損した気分

    夏風邪だ。こんな報告誰得だって話だがブログを書いてみる。…

  6. 情報

    ロードバイクの高額ホイールBORA Ultraを興味本位から調べてみた

    ロードバイクのホイールを購入する場合、性能や使用目的で検討したとしても…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. ひとりごと

    寝たら細胞レベルが復活する
  2. ひとりごと

    次回ライド考察
  3. テクニック

    ロードバイク初心者がビンディングシューズのクリート位置に悩んだ話
  4. テクニック

    ツールドフランスで導入された「AI」マシンラーニングとは何か
  5. 情報

    ワイヤーカッターでロードバイクの鍵を壊されたら
PAGE TOP