情報

ロードバイクの電動変速di2かっこいい!!と思ったので調べてみた。

見れば見るほどかっこいい

電動コンポの話。

ボタンでシフトチェンジできるとかいいな。

シマノやSRAMやカンパといったメーカーから電動変速が発売されているが、シマノの「di2アルテグラ」という商品が値段的にも手を出しやすいかも。

なので今回はシマノの電動変速について調べてみた。

電動変速とは

コントロールレバーのスイッチを押すことで変速操作を電気信号に変換し、ディレイラーのモーターを動かして変速を行う。モーターの動作にはバッテリーを用いる。

シフトレバーを「グイっ」と押し込む動作が、スイッチの「ポチっ」に変わるってこと。

メリット

  • ストレス軽減
    スイッチを押すだけなので機械式みたいに押し込む必要がない。疲労時のストレスを軽減できる。指先がスイッチに届けば変速できる。
  • スイッチの増設ができる
    増設すれば走行中にハンドルを握り直さずにギアチェンジできる。
    例えば、下ハンに取り付ければ、スプリント中にも使えるし、ハンドルの上部に付ければ、楽な姿勢を維持できるのでロングライドにも使えそう。
  • メンテナンス
    電線なので機械式で使うワイヤーみたいに金属劣化がないので伸びたりしない。なので初めにセッティングが終われば、初期伸びもない。

いまのフレームって電動に対応できるのか

これは、結論から言うと・・できる!やった!

ただ、変えるには内装式と外装式があるので買う際は注意。

内装式

電動変速に対応したフレーム用。取付もバッテリーや電線をフレームに内装できるので見た目もすっきりしてかっこいい!

外装式

バッテリーと電線をフレームの外側に設置すればいいだけ。

なので、今のフレームでも電動変速にできる!

必要な物はSTI,フロントディレーラー、リアディレーラー、バッテリー、電線、ジャンクション2種類(電線を分岐させる部品)だけだ。

スプロケットとかチェーンとかブレーキは今のままでOK。

デメリットも

バッテリー切れ

充電が切れてもそのまま走ることはできるが変速ができなくなる。

ただ、満充電から700キロは走れるみたいだし、残量の確認も簡単にできる。

充電もコンセントはもちろん、USBでも出来るので日々、走行前に確認していれば特に問題は無いと思う。

 メンテナンス

多少、異物が入ってもディレイラーは動作する。その分、調整する際の変速時は、指など挟むと危険だ。自分でディレイラーの調整をするならケガをしないよう注意したい。

まとめ

電動変速はこれからのスタンダードになるのかもしれないと思った。

ただ、人力で走行するというロードバイクの基本的な構造は変わっていないので、電動であろうが機械式であろうが、ロードバイク自体を楽しめることに違いはないと思う。

パーツを替えることにメリット、デメリットはあると思うが、乗り手本人が楽しめたり、モチベーションが上がったりして必要だと感じれば、交換すればいいと思う。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  2. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. 情報

    ズイフト(zwift)をスマホでやってみた!Bluetooth対応サイコンで気軽にできた。

    ズイフトデビュー!先日、ローラーを買ったのでズイフトをしてみました…

  2. 情報

    パワーメーターって何?ロードバイク初心者に必要なのか

    パワーメーターを調べてみたパワーメーターとはワット(出力)が測れる…

  3. 情報

    台湾を自転車で一周する事を環島(ホォンダオ)と呼ぶ

    台湾一周。走ってみたいです。台湾を一周することを環島(ホォンダ…

  4. 情報

    ヒルクライムでダンシングとシッティングってどっちが早いのか

    前回の六甲山では3km程の距離をダンシングだけで走ってみた。し…

  5. 情報

    ロードバイクのビンディングシューズのつま先だけが消耗する対策

    初めてのビンディングシューズを買って半年が経ちました。ワイズロード…

  6. 情報

    フレームやホイールの剛性と走行の関係

    剛性物体の、形の変化に対する弾性。弾性体が、曲げ・ねじりなどの力に…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 行ってきました

    目標達成!ロードバイクの初心者が六甲山を登山した
  2. 情報

    ロードバイクのおすすめ漫画を描いた漫画家の過去作品を紹介する
  3. 行ってきました

    六甲山への行き方。西宮市船坂から小笠峠を通るルートを紹介する。
  4. 情報

    最近流行のグラベルロードバイクとロードバイクはなにが違うのか
  5. ロングライド

    鉄下駄ホイールでアワイチしてきた。迷いやすい交差点をまとめる
PAGE TOP