テクニック

ロードバイクと家族問題。妻の爆発を最小限に留めよう!

妻のロードバイクに対しての不満問題。
ロードバイクのせいではなく、ロードバイクに乗る旦那の無神経に対しての不満問題だ。
家族持ちのローディとしてこの問題を軽んずる事はできない。
妻の爆発が何度も起きると今後、ロードバイクに乗れなくなるかもしれない。
これからも長い付き合いになるだろうロードバイクと妻に乗り続ける為にはどうすればよいか。
各家庭によって環境は違うだろうが、爆発が起きる問題についての対策を講じた方がいいと思う。
我が家では爆発問題について対策を行ってきた結果、今のところ大爆発は起きていない。
まだまだ人生の若輩者の自分だが、その対策について紹介する。参考になれば幸いだ。

こっちは子供の相手してんねん問題

すっきりした満足顔で帰ってくる。それがムカつくそうだ。
早朝に家を出てすぐに帰るようにしているんだが。
そんな問題ではない。
「朝飯から洗濯、食器洗い。やること多いんじゃ!それに早朝出ていくとき子供が起きるやろ!
それに長距離走った後は疲れて子供の相手ろくにできてへんやろがい!」これは大爆発ではない。

対策1-家事をする

自分は一人の時間を楽しめているのだから、せめて家事はする。
家事することを鬱陶しがられるかもしれない。だって大体いつも妻がしてるんだから。
でも、その感謝の気持ちがある事は姿勢に表す。
うん、もちろん感謝しているし。
家族への気遣いが大事だと思う。
200km走って帰ってきても何食わぬ顔で家事をするのだ。疲れているのはお互い様だ。

対策2-スケジューリング

休みの予定を前もって妻と決めておく。
何時に家を出てどこに行くか。
これがなかなか難しいし決まらない。ロードバイクならすぐ決まるのに。
予定時間に合わせてちゃんと帰る。
遅れる時は必ず連絡する。
コミュニケーションや普段の会話が大事だと思う。

そんなモンより子供のモン買えよ問題

次々に欲しい物が出てくる。本当に湧いて出てくる!
寒くなってきたから指が長いグローブとか暖かいサイクルウェアもいるし。
そういえば近所にサイクルショップがオープンしたやん!買いに行こう!
というかホイールもいるし。サドルバッグも容量の違う物がいるし。
あっサイコンもいる。というか新しいサングラスもいるやん!ソックスも新しいの欲しい!サイコー!
そんな状態なので毎月すこしづつだけどロードバイク用品を買ってしまう。
そうなると爆発が起こる。
会社で家にいない時にアマゾンや楽天からロードバイク用品が届くと子供に開封させている!
お菓子を食べた手でめちゃくちゃにされて床に転がっていることも多々ある!おもちゃではないのだよ。
コンビニ受け取りにしようかな。

対策-何から買うか

子供が幼稚園や小学生にもなると、教育で使う物はよく買い替える。
例えば鉛筆やクレヨンが減っているとか体育館シューズが小さくなったとか、体操服や制服は季節ごとに買う必要がある。
毎月、何かしら子供用品を買っているので、消耗している物は把握しておく。
靴古くなってない?服洗いすぎて縮んでない?自分の装備品の事ではない。
そして子供用品は給料日の当日か次の日には買う。とにかく最優先ということだ!ついでに妻の買いたいものも。
そして自分が欲しい物はその次の日にでも買う。
ポイントは子供用品が先に家に届けばいい。あるいは先に買いに行けばいい。
子供の物を優先的に買えば納得している!
妻もロードバイク用品を買うなとは思ってないみたいだ。

自転車の事しか考えてないのか問題

来週はどこに行こうか。六甲山を超えて一軒茶屋で休憩して裏六甲ダウンヒルしてその後アイスでも食べようかな。それとも三田から篠山いってソバ食べようかな。ぐふふ。あー早く休みにならんかな。
決して口には出さない。エクスプロージョンが起きる。
家族で出かける時も自分だけ自転車で出かけようとしない。
100均行っても自転車に使えるかどうかグッズを探す行動は控える。
それらを無神経に行う様になると爆発する原因となる。
家族で過ごすときは家族の事を考える。

妻の本音

趣味に対しての妻の本音をサイクルベースあさひが調査したらしい。
【調査】家族から理解を得られる趣味とそうでない趣味の境界線。妻の本音、夫の趣味に使えるお金は?
結果としては健康的で家族も楽しめる趣味であれば前向きだそうだ。
ひとりだけで楽しむ趣味は反発されやすいのかもしれない。

まとめ

ロードバイクで仕事のストレスを発散できる事は確かだ。
ただ妻も家庭で家事や子育ての負担や不安を抱えている。
専業主婦だけでなく共働き夫婦もそうだろう。
自分本位でなく家族の気持ちも考える必要がある。
子供が熱を出していたり、妻がいきなりどっか行きたいとか美容院行きたいとか言うかもしれない。もちろんその日のライドは諦めた方がいい。無理に乗らない。
その日乗らなくたって損はしない。レースに出れなくても縁が無かったってこと。
ロードバイクを楽しく続けていくには家族の理解が必須だ。
だから家族に対しての協力も必要だ。
夫婦って思いやりが大切だな。
持ちつ持たれつ。
自転車事故が高額賠償化してるので改めて自転車保険を考えた
ロードバイクで事故したら緊急連絡先に電話してもらおう

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. テクニック

    初心者でもスプリントが早くなりたいんだがダンシングのコツをまとめた

    最高速度を更新したい。その為にはダンシングが出来ることが必要な条件…

Latest

Archives

Categories

Facebook Page

PAGE TOP