情報

ジャイアントのロードバイクがダサいと言われる不思議

ロードバイクを初めて購入する時、どのメーカーにするか悩みますよね。
すでに乗っている方は、どのメーカーのロードバイクにするか悩みませんでしたか?
例えば、ネットでロードバイクのメーカーを検索すると、ビアンキやルイガノ、ピナレロ、ジャイアントなどがヒットしますね。
調べていくと、ルイガノはおしゃれだし、ビアンキやピナレロもかっこいい。ジャイアントはコスパがいいらしい。
ざっとこんな情報が入ります。
初めて購入する時はロードバイクの値段にびっくりしますよね。
10万以上は当たり前?むしろ10万で安い方だと?

買うときの条件

速くてかっこよくて軽いバイクに乗りたい!と思って探していたけど、高すぎる。
調べていくと20万以上とかザラです。
高すぎるやろ!って思うのが当然でしょう。
その考えは一般的で普通ですよ。
そうなるとコスパが良いバイクを選び始めます。
そんな時に、ジャイアントというメーカーを知ることになるでしょう。
台湾のメーカーであり、自転車の年間生産量は世界最大級の600万台以上と言われている大企業。
特に日本でもエスケープというクロスバイクは絶大な人気ですね。
そんなジャイアントの初心者におすすめのロードバイクを選んでみました。

TCR ADVANCED2

ジャイアントのロードバイクでおすすめなのがTCRシリーズ。
本格的なレーシングバイクです。
その中で今後レースも視野に入れている方におすすめなのがTCR ADVANCED2。
カーボン製でコンポは105。重さは7.9kg。
気になる価格は税抜190,000円!
(ジャイアントのホームページの価格です)
このスペックでこの値段は安いんです。

TCR SLR 2

上記のフレームをアルミにしたものがTCR SLR2。
価格は税抜165,000円。
巷のロードバイクはカーボンが主流ですが、値段が安いアルミにするか迷いますよね。

しかしなぜダサいと言われるのか

ジャイアントのロードバイクをネットで調べると、ダサいとか恥ずかしいとか検索で引っかかる。
なぜこんなコスパがいいメーカーがそんなことになっているのか?
理由を調べてみたら下記3点が挙げられる。
1.価格の安さ
2.ロゴのデザイン
3.欧州メーカーでないから

バイクの性能にケチはついていない

調べた理由からしてバイクの性能に関して悪評はない。
コスパがいいのは消費者にとってありがたい。
ロードバイクの世界に入りやすいので良い事でしょう。
それに、ロゴのデザインは好みだろうから受け止め方は人それぞれだと思う。
ダサイと思う人がいれば、別にダサくないやろ?と思う人もいる。
個人的には、あのロゴの何がダサイのだろうか?と思う。
そして、欧州メーカーではないからという理由。
自転車は欧州メーカーだ!といったイメージがある人からすればアジア圏メーカーは受け付けないのかもしれない。
ネットでの悪評の中身は個人的な好みであるところが大きいと思われる。
これは人の感覚の違いであって、何が正解だ、とかではない。

なぜ悪評がつくのだろうか?

ジャイアントのロードバイクに乗っていてもいいのではないか。
性能もいい。
最近はおしゃれな女性シリーズのラインナップも多い。
もし、ジャイアントを選択視していて悪評を懸念されているなら一度ジャイアントストアに行ってみるといいかもしれない。
私も何度か言った事があるが、実物を見てみると、ネットで言われている悪評は全く関係なく、かっこいいロードバイクだなと思った。
ちなみに私のロードバイクはFELT F75というアルミロードバイク。
FELTはジャイアントと同じくコスパに優れているメーカーだ。
バイクの値段は安くしてもらって11万円くらい!やすっ!
レースも出れてコスパが良い物を選びました。
自分が選んで気に入った物であれば愛着が湧きますね。
話がそれましたが、悪評の理由は個人的な好みによるものが大きいようですので、ジャイアントのロードバイクを買っても全く問題ないです。
自分が気に入ったバイクに乗って、行きたい所に行きたいですね。
【関連商品】

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  2. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. 情報

    人気タイヤのコンチネンタルグランプリ4000S2を調べてみた

    タイヤを交換する第一の理由は、消耗したタイヤから新しいタイヤに履き替え…

  2. 情報

    自分の命は自分で守る!ハンガーノックを知る。

    ロードバイク初心者も「ハンガーノック」という言葉を聞いたことがあるかも…

  3. 情報

    スマホをサイコン代わりにしているがiphone8がワイヤレス充電に対応すると便利になる?

    ロードバイクとスマホロードバイクに乗っているとき必ずスマホを携帯し…

  4. 情報

    トレンドと逆行して15cのZONDA(ゾンダ)を買ってみた。23cか25cか問題。

    最近のホイールのトレンドは17Cですよね。プロレースではタイヤが今…

  5. 情報

    サイクルウェアとかサイクルジャージの古着USEDがおしゃれすぎる。

    サイクルウェア選びは楽しい。新しいウェアを着てロードバイクに乗ると…

  6. 情報

    効果的なBCAAの摂取方法は運動前?トレーニングの努力を無駄にしたくない。

    筋肉の素となるタンパク質筋肉の成長に必要な栄養素はタンパク質(英語…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. テクニック

    ロードバイクで下る!ダウンヒルが怖かったので自転車の事故率を調べてみた
  2. 交通ルール

    自転車事故が高額賠償化してるので改めて自転車保険を考えた
  3. 情報

    いざ使う時の為に!TNIのCO2ボンベの使い方をまとめた
  4. ひとりごと

    3月にロードバイクイベントありすぎるが全部行くかどうか。
  5. テクニック

    ロードバイクと家族問題。妻の爆発を最小限に留めよう!
PAGE TOP