グッズ

タイムトライアルで使うTTヘルメットは普段使いできるのか

ロードバイクのヘルメットって穴がたくさん空いていて後ろに流れるような形をしています。
ロードバイクの世界をあまり知らなかった頃は、独特な形をしたヘルメットだなと思っていました。
今ではあの形に違和感はなくなりましたが、それでも、タイムトライアルで使うようなヘルメットは、まだ抵抗があります。
ただ、考えてみると、ロードバイクに乗る前は、独特だと感じていたけど、
ロードバイクのヘルメットを被るようになってからは何とも思わなくなった。
むしろあのフォルムがかっこいいと思うようになった。
これを踏まえると、TTヘルメットも抵抗があるのは初めだけかもしれない。
空気抵抗が減って早いんだろう。
被って見ようかな。
いや、でもな、あの形・・・

エアロヘルメットが普段使いされない理由

タイムトライアルで使うヘルメットは「エアロヘルメット」って名前らしい。
シールドが付いていて、後方に流れるようなフォルム。
いつものライドでも被ってみれば、早くなるんじゃないのかとも思うが、どうも逆みたいだ。
外を走れば、横から風が吹いたりする。
後方に流れている部分に横から風が吹くと抵抗が生まれる。
また、エアロポジションを取り続けることも困難だろう。
ヒルクライムにも重くて使えないだろうし、空気抵抗を抑える構造の為、通気性が低い。
なので普段使いでは使えそうにない。
見た目もあるし。

普段使いできるヘルメット

エアロヘルメットの特徴を生かした普段使いできるようなヘルメットは開発されてきている。
通気性を確保しながらロングテールの形状と同じようにエアロ効果を生み出せるものだ。

AERO-R1

特に最近発売されたエアロR1はヘルメット後部に発生する乱流を抑え、ロングテールと同じような効果を生み出している。専用シールドまである。

ベル ヘルメット スタープロシールド

超軽量ではないが、フィットしやすく頭を下げてもずり落ちにくい。ロングライドで使える。

まとめ

空気抵抗を減らす方法はいくつかありますが、今のヘルメットを交換するだけでタイムが縮んだり走行が楽になるなどメリットがあるなら試してみたいですね。
ヘルメットはまず身を守る物でもあるのでしっかりと選んで、事故を起こさない様にも注意して走行したいですね。

ランキングが励みになっておりますので押して頂くと有難いです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄ホイールでアワイチしてきた。迷いやすい交差点をまとめる

関連記事

  1. グッズ

    トレンドと逆行して15cのZONDA(ゾンダ)を買ってみた。23cか25cか問題。

    最近のホイールのトレンドは17Cですよね。プロレースではタイヤが今…

  2. グッズ

    自分の命は自分で守る!ハンガーノックを知る。

    ロードバイク初心者も「ハンガーノック」という言葉を聞いたことがあるかも…

  3. グッズ

    いざ使う時の為に!TNIのCO2ボンベの使い方をまとめた

    使い方を知っておくパンク対策としてTNIのCO2ボンベを買って2ヶ…

  4. グッズ

    ロードバイクでコンデジは必要?スマホで十分なのか。

    ロードバイクに乗っていると、体の負担を考え、なるべく荷物を減らして軽量…

  5. グッズ

    パワーメーターって何?ロードバイク初心者に必要なのか

    パワーメーターを調べてみたパワーメーターとはワット(出力)が測れる…

  6. グッズ

    ロードバイク初心者が考えるヒルクライムに必要な品

    ヒルクライムをしてみて必要だと思ったものヒルクライムしてみて今後買…

Latest

Archives

Categories

Facebook Page

PAGE TOP