テクニック

ツールドフランスで導入された「AI」マシンラーニングとは何か

f:id:atomkingu:20170717204745j:plain

マシンラーニングが導入された?

2017年度のツールドフランスから人工知能である「マシンラーニング」が導入された。

マシンラーニングとは何なのでしょうか。

そしてどうのような役割を持っているのでしょうか。

ロードバイク初心者ながら調べてみました。

マシンラーニングとは

ある程度の数のサンプルデータ集合を入力して解析を行い、そのデータから有用な規則、ルール、知識表現、判断基準などを抽出し、アルゴリズムを発展させる。なお、データ集合を解析するので、統計学との関連が深い。

機械学習 – Wikipedia

要は、コンピュータが、自らデータにあるパターンや規則などを学習し、知りたいデータの結果を予測する技術ということ。

マシンラーニングを導入する目的

f:id:atomkingu:20170717223855j:plain

1.観戦者にとって

レースで収集したデータを用いれば観戦者に詳しい情報を提供できる。

例えば、選手のプロフィールから、その選手が強さを発揮するにはどんな環境や状況が必要なのか知る事ができる。

そして、レースの洞察ができるので、どの様な流れになるか捉える事ができ視覚的に楽しめる。

2.選手にとって

走行を分析できる為、成長のアプローチが見込める。

洞察できる主な情報

  • 各選手の実際のスピードや位置
  • 選手間の距離
  • レース内でのグループ構成

どうやってデータを収集するのか

f:id:atomkingu:20170717225710p:plain

選手のサドルの下にGPS応答器を装着する。

応答器から収集されたデータは、コースの傾斜や天気概況などと組み合わせる。

今年は30億個のデータポイントがある為、データの精度と信頼性を高めている。

※全大会は1億2800万個

考察

先進テクノロジーを導入することで、観覧者からすると求めるモノを提供してくれるし、観ることが楽しくなる。

そうなることで、ツールドフランスがもっと人気になっていくのだろうと感じた。

スポーツとテクノロジーの融合は、視聴者にとって魅力ある可能性を秘めていると思った。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  2. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. テクニック

    休むダンシングが難しいんだがどうやればいいの

    ヒルクライム中、シッティングでの脚の疲れを休ませるために、ダンシングを…

  2. テクニック

    ロードバイク初心者がナイトランするときの注意点まとめ

    もうすぐ初夏を迎える。梅雨が明ければすぐだ。夏は、夜風…

  3. テクニック

    梅雨対策。続けやすい簡単な方法でロードバイクの錆びを防ぐ。

    錆びが好きな人はいるのだろうか。錆びとは腐食物のことだ。…

  4. テクニック

    やっぱりダンシングは深い。ダンシングのコツまとめた

    俺はダンシングができているのか。ダンシングをするとすぐに疲れる…

  5. テクニック

    ロードバイクの盗難についてもう一度考える

    ロードバイクを盗まれたくない。以前、ママチャリを盗まれたことが…

  6. テクニック

    ダンシングだけで全力走してみた結果

    ヒルクライムのタイムを縮めたい。stravaを使い「裏六甲ヒル…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. ひとりごと

    アイスバーンは本当に危険。こけちゃいました。
  2. 情報

    ジャイアントのロードバイクがダサいと言われる不思議
  3. インプレ記事

    ドイターのリュックもいいけどウエストポーチも優秀
  4. テクニック

    ギヤチェンジがぎこちないと思ったらワイヤーの初期伸びだった
  5. 情報

    手組みホイールとか完組みホイールってなに?
PAGE TOP