情報

ヒルクライム用ロードバイクってあるの?軽量バイクを調べてみた

ヒルクライム用のロードバイク

そもそもヒルクライムに特化した軽量ロードバイクってあるのだろうか。

「山専用バイク」みたいなコンセプトで作られているロードバイクがあればおもしろい。

そこで、軽量バイクの中でもヒルクライムよりなロードバイクを調べてみた。

King Of Mountain

http://www.intermax.co.jp/products/kuota/road/images_kom/kom_grey.jpg

早速みつけてしまった!

ネーミングが「KOM」て。まさに山用。

ただ、ヒルクライムだけでなくアタックやスプリントもこなせるオールラウンドな高性能が評価されているモデルみたいだ。

フレーム重量:約880g

フレームが細いのかと思ったが意外に太い。この為、剛性も高い。だからスプリントでも使えるという事か。

フレーム価格で約35万円くらい。

ADDICT SL

http://www.scott-japan.com/sites/default/files/images_product/2016/07/249645.jpg

完成車で約6kg。非常に軽い。

剛性が高い為、ガシガシ踏んで登れる。

完成車の値段で120万円程。

ADDICTはシリーズがあるので価格を抑えてグレードが下のモデルの選択もありかも。

PINARELLO   DOGMA F10

フレーム重量は820g。

フレーム価格は約62万円。

ヒルクライムだけでなくエアロ性能や運動性能を煮詰めたオールラウンドレーシングバイクだ。

衝撃吸収性も高いので長く乗っても疲れにくいと思われる。

それにしても見た目がかっこよすぎる。

S-Works Tarmac Men Ultralight

完成車でも6.8kg程。(R9100仕様の場合)

もう絶対安心感といったとこもあるが、ターマックは全てのシチュエーションで乗り手の力になる。

フレーム価格で50万円程。

http://s7d5.scene7.com/is/image/Specialized/210164?$Hero$

まとめ

どのモデルもヒルクライム専用っていうよりかはバイクを軽量にしているため、登り以外でも力を発揮する様だ。

ロードバイクを軽くしようと考えると、ホイールやタイヤまたはコンポなどのパーツの交換で軽量化を計る事ができる。

なので、山に特化させるバイクを作るには自分が必要だと思ったパーツを組み合わせて、山で試し続ける方が一番の早道かもしれない。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  2. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. 情報

    ロードバイクでコンデジは必要?スマホで十分なのか。

    ロードバイクに乗っていると、体の負担を考え、なるべく荷物を減らして軽量…

  2. 情報

    ミノウラのLiveTraining(ライブトレーニング)を使ってみた。

    ローラー台を買いました。⇒ZWIFT(ズイフト)ができるミノウラの…

  3. 情報

    スプロケの丁数とかTってなに?

    丁とかTとかなんなのよく11-28Tとか「数字ー数字T」を目にする…

  4. 情報

    プロテインの効果は?ロードバイクとの関係

    ライド中にコンビニで補給する事が多いのだが、先日、六甲山へ登りに行くと…

  5. 情報

    自分の命は自分で守る!ハンガーノックを知る。

    ロードバイク初心者も「ハンガーノック」という言葉を聞いたことがあるかも…

  6. 情報

    ロードバイクのエアロハンドルかっこいい!空気抵抗も抑える優れもの!

    先日、ホイールを変えました。サイコンも買ったしすっかりロード沼に浸…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. ひとりごと

    カテゴリを修正!行ってきました記事だけブログ村に投稿できるの?
  2. テクニック

    ギヤチェンジがぎこちないと思ったらワイヤーの初期伸びだった
  3. 情報

    初めてロードバイクのホイールを替えるなら?人気で買いやすい価格のホイールを3つに…
  4. ひとりごと

    淡路島サイクリング初級者イザナギコースを目指す
  5. 情報

    ロードバイクのおすすめ漫画を描いた漫画家の過去作品を紹介する
PAGE TOP