情報

ヒルクライム用ロードバイクってあるの?軽量バイクを調べてみた

ヒルクライム用のロードバイク

そもそもヒルクライムに特化した軽量ロードバイクってあるのだろうか。

「山専用バイク」みたいなコンセプトで作られているロードバイクがあればおもしろい。

そこで、軽量バイクの中でもヒルクライムよりなロードバイクを調べてみた。

King Of Mountain

http://www.intermax.co.jp/products/kuota/road/images_kom/kom_grey.jpg

早速みつけてしまった!

ネーミングが「KOM」て。まさに山用。

ただ、ヒルクライムだけでなくアタックやスプリントもこなせるオールラウンドな高性能が評価されているモデルみたいだ。

フレーム重量:約880g

フレームが細いのかと思ったが意外に太い。この為、剛性も高い。だからスプリントでも使えるという事か。

フレーム価格で約35万円くらい。

ADDICT SL

http://www.scott-japan.com/sites/default/files/images_product/2016/07/249645.jpg

完成車で約6kg。非常に軽い。

剛性が高い為、ガシガシ踏んで登れる。

完成車の値段で120万円程。

ADDICTはシリーズがあるので価格を抑えてグレードが下のモデルの選択もありかも。

PINARELLO   DOGMA F10

フレーム重量は820g。

フレーム価格は約62万円。

ヒルクライムだけでなくエアロ性能や運動性能を煮詰めたオールラウンドレーシングバイクだ。

衝撃吸収性も高いので長く乗っても疲れにくいと思われる。

それにしても見た目がかっこよすぎる。

S-Works Tarmac Men Ultralight

完成車でも6.8kg程。(R9100仕様の場合)

もう絶対安心感といったとこもあるが、ターマックは全てのシチュエーションで乗り手の力になる。

フレーム価格で50万円程。

http://s7d5.scene7.com/is/image/Specialized/210164?$Hero$

まとめ

どのモデルもヒルクライム専用っていうよりかはバイクを軽量にしているため、登り以外でも力を発揮する様だ。

ロードバイクを軽くしようと考えると、ホイールやタイヤまたはコンポなどのパーツの交換で軽量化を計る事ができる。

なので、山に特化させるバイクを作るには自分が必要だと思ったパーツを組み合わせて、山で試し続ける方が一番の早道かもしれない。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る
  2. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  3. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。

関連記事

  1. 情報

    ロードバイクのフレーム形状の違いまとめ

    ロードバイクのフレームの形にはスローピングとホリゾンタルという形状があ…

  2. 情報

    ロードバイクを会社帰りに練習したいのでドイターのバックパックを調べてみた

    退社後に練習したい今は休みの日の早朝にロードバイク乗って、昼前には…

  3. 情報

    自分の命は自分で守る!ハンガーノックを知る。

    ロードバイク初心者も「ハンガーノック」という言葉を聞いたことがあるかも…

  4. 情報

    通勤のビンディングペダルがめんどくさいがフラット化できるって?

    自転車通勤をしている。通勤でビンディングペダルを使っているが、…

  5. 情報

    ロードバイクの高額ホイールBORA Ultraを興味本位から調べてみた

    ロードバイクのホイールを購入する場合、性能や使用目的で検討したとしても…

  6. 情報

    ロードバイクと健康について

    ロードバイクに乗ってると運動になる。運動は体によい。た…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 情報

    最近流行のグラベルロードバイクとロードバイクはなにが違うのか
  2. レース

    ロードバイクのエンデューロに初参加して思ったこと
  3. ひとりごと

    保険の大事さをコケてから気付いた
  4. テクニック

    下ハン持つとすぐに疲れるのでコツを調べてみた
  5. テクニック

    ツールドフランスで導入された「AI」マシンラーニングとは何か
PAGE TOP