テクニック

休むダンシングが難しいんだがどうやればいいの

ヒルクライム中、シッティングでの脚の疲れを休ませるために、ダンシングをする事がある。
でも、そのダンシングでしんどくなって、余計に脚の疲れが増してしまう。
シッティングでクルクル回している脚を休ませたい。
よく聞く「休むダンシング」ってやつをマスターしたいんだ。

休むダンシングの方法

よく言われるのは体重を利用する事。
ペダルは上死点(12時)から下死点(6時)まで落とし込む。
ハンドルに力を掛けない。
これをすると体重がペダルに伝わらない。
イメージは踏むんじゃなくて膝を伸ばす感覚。

注意点

重いギアでは体重だけではペダルが下がらないので軽いギアで。
速度が落ちるのでフラフラしやすい。

動画で確認

実際のレースでは

えーと休むダンシング使っているのか?
激坂では使わないのだろうか。
それよりかはジグザグ走行が坂を上るのには楽で早いのかもしれない。

結局どうすれば

まずは、基本ダンシングをマスターしてください。目安は、ちょっとした上りならば下から頂上までずっとダンシングで上れるくらいです。あまり難しいことは考えずに、多少苦しくてもがんばってダンシングで上ってください。そうなれば、ダンシングに必要な筋肉の使い方やバランス感覚が身に付くはずです。
栗村修の“輪”生相談<103>

基本的なダンシングは走行で覚えるのが手っ取り早いのか。
その後、自然と自分に馴染んだ休むダンシングに移行するのかもしれない。
テクニックは、ある程度の前情報を仕入れたら、実際に体を動かしてみる。
そして、トライアンドエラーを繰り返すのが一番の早道なのかもしれない。
過去記事→やっぱりダンシングは深い。ダンシングのコツまとめた

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る
  2. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  3. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…

関連記事

  1. テクニック

    ダンシングだけで全力走してみた結果

    ヒルクライムのタイムを縮めたい。stravaを使い「裏六甲ヒル…

  2. テクニック

    機材トラブルを事前に防ぐ!ロードバイクの点検方法

    ロングライドを楽しみたい。エンデューロを楽しみたい。その為にも…

  3. テクニック

    初心者でもスプリントが早くなりたいんだがダンシングのコツをまとめた

    最高速度を更新したい。その為にはダンシングが出来ることが必要な条件…

  4. テクニック

    ロードバイクの盗難についてもう一度考える

    ロードバイクを盗まれたくない。以前、ママチャリを盗まれたことが…

  5. テクニック

    どうなった?ロードバイク初心者がヒルクライムのタイムを縮める方法を試した結果

     タイムを縮める方法心拍計を持っていないロードバイク初心者が、ヒル…

  6. テクニック

    ロードバイクで繋がる!仲間と一緒に走るメリットとは

    フェイスブックやツイッターで近所のロードバイク乗りと繋がることが出来る…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. ひとりごと

    チェーン掃除は歯ブラシ2本あれば出来た!
  2. ロングライド

    紅葉を見て走りたい!ロードバイクの絶景人気スポット3選
  3. ひとりごと

    カロリーコントロールは大目に見る時もある。
  4. ひとりごと

    前輪がグラグラしてるから振れ取りしないと
  5. 情報

    プライバシーポリシー
PAGE TOP