テクニック

休むダンシングが難しいんだがどうやればいいの

ヒルクライム中、シッティングでの脚の疲れを休ませるために、ダンシングをする事がある。
でも、そのダンシングでしんどくなって、余計に脚の疲れが増してしまう。
シッティングでクルクル回している脚を休ませたい。
よく聞く「休むダンシング」ってやつをマスターしたいんだ。

休むダンシングの方法

よく言われるのは体重を利用する事。
ペダルは上死点(12時)から下死点(6時)まで落とし込む。
ハンドルに力を掛けない。
これをすると体重がペダルに伝わらない。
イメージは踏むんじゃなくて膝を伸ばす感覚。

注意点

重いギアでは体重だけではペダルが下がらないので軽いギアで。
速度が落ちるのでフラフラしやすい。

動画で確認

実際のレースでは

えーと休むダンシング使っているのか?
激坂では使わないのだろうか。
それよりかはジグザグ走行が坂を上るのには楽で早いのかもしれない。

結局どうすれば

まずは、基本ダンシングをマスターしてください。目安は、ちょっとした上りならば下から頂上までずっとダンシングで上れるくらいです。あまり難しいことは考えずに、多少苦しくてもがんばってダンシングで上ってください。そうなれば、ダンシングに必要な筋肉の使い方やバランス感覚が身に付くはずです。
栗村修の“輪”生相談<103>

基本的なダンシングは走行で覚えるのが手っ取り早いのか。
その後、自然と自分に馴染んだ休むダンシングに移行するのかもしれない。
テクニックは、ある程度の前情報を仕入れたら、実際に体を動かしてみる。
そして、トライアンドエラーを繰り返すのが一番の早道なのかもしれない。
過去記事→やっぱりダンシングは深い。ダンシングのコツまとめた

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  2. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. テクニック

    ダンシングだけで全力走してみた結果

    ヒルクライムのタイムを縮めたい。stravaを使い「裏六甲ヒル…

  2. テクニック

    下ハン持つとすぐに疲れるのでコツを調べてみた

    ロードバイクで走行中、直線になると下ハンを持って加速してみる。速度…

  3. テクニック

    機材トラブルを事前に防ぐ!ロードバイクの点検方法

    ロングライドを楽しみたい。エンデューロを楽しみたい。その為にも…

  4. テクニック

    ツールドフランスに出る選手は1日8000キロカロリー摂取するのに体脂肪が低いのはなぜ

    ツールドフランスで活躍する選手はレース期間、1日約8000kcal摂取…

  5. テクニック

    ロードバイクのスタンドってどうやって使うの?

    スタンドを買いました。これがあればメンテナンスする時にロードバイク…

  6. テクニック

    バーテープがねじれてたのでフィジークの白色に交換してみた

    ねじれてる!輪行袋から出して、ロードバイク組み立てようとし…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. テクニック

    ペダルの外し方。左ペダルは右に回す。
  2. 走ってきました

    走りやすいと有名な「三田ループ」に行ってみたが。兵庫県三田市。
  3. ひとりごと

    ロードバイク初心者が参考になるブログやサイトを考える
  4. 情報

    落車でブラケットが曲がった。直し方は簡単だった!
  5. 情報

    フレームやホイールの剛性と走行の関係
PAGE TOP