情報

フレームやホイールの剛性と走行の関係

剛性

物体の、形の変化に対する弾性。弾性体が、曲げ・ねじりなどの力に対して歪(ゆが)まない性質のことだ。
ロードバイクのパーツにも剛性が高いもの低いものがあるが、この剛性は走行にどう関係しているのか。

フレーム

衝撃の吸収性で見るとフレームの構造も関係する。
フレームが同じ太さであれば短い方が剛性が高い。
スローピングはホリゾンタイルに比べるとトップチューブが短い。
その為、構造的な剛性で見るとスローピングの方が高い。
ホリゾンタイルは衝撃吸収が大きいのでロングライドに向いている。
また材質についても一般的にカーボンの方がアルミより剛性が高いとされている。

ホイール

冒頭の剛性の意味からも
曲がったりしなったりする柔らかい物体では、
形が歪み、力が伝わりにくい。
一方、ゆがみにくければ、形が変形したりよじれたりせず、力が伝わりやすい。
これを踏まると剛性が高いホイールは、剛性が高いほど、力がリムに伝わる反面、路面からの衝撃を吸収しやすい。
これは脚の疲労が多くなるのでロングライドでは疲れやすくなるかもしれない。
剛性が低いホイールは路面からの衝撃が低いので乗り味がしなやかで、振動を吸収するが、コーナリング時やダンシング時ではたわみやすい特徴もある。

まとめ

乗り心地に関してはフレームだけでなく、ホイールとの相性も関連する。
剛性は走行に大きくかかわる。
ロングライドするから衝撃吸収しやすいものを選ぶか、また加速時にしっかり力が伝わる方がよいか、ヒルクライムでのダンシングでもたまわないか。
まずは自分のフレームやホイールの特徴を知ることが大事だ。
そのうえで用途や目的によってフレームやホイールを選択すれば心地よいライドが行える。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る
  2. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  3. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。

関連記事

  1. 情報

    ロードバイクと健康について

    ロードバイクに乗ってると運動になる。運動は体によい。た…

  2. 情報

    パワーメーターって何?ロードバイク初心者に必要なのか

    パワーメーターを調べてみたパワーメーターとはワット(出力)が測れる…

  3. 情報

    人気タイヤのコンチネンタルグランプリ4000S2を調べてみた

    タイヤを交換する第一の理由は、消耗したタイヤから新しいタイヤに履き替え…

  4. 情報

    ロードバイクの休憩中に食べるアイスクリームって最高だけど脂質ってどうなの?

    「暑い。アイス食べよ。」はてなブログの今週のお題「好きなアイス」と…

  5. 情報

    ヒルクライムでダンシングとシッティングってどっちが早いのか

    前回の六甲山では3km程の距離をダンシングだけで走ってみた。し…

  6. 情報

    ロードバイクでコンデジは必要?スマホで十分なのか。

    ロードバイクに乗っていると、体の負担を考え、なるべく荷物を減らして軽量…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 情報

    クランク長の長さで何が変わるのか
  2. テクニック

    バーテープがねじれてたのでフィジークの白色に交換してみた
  3. 情報

    ヒルクライムで味わう達成感のメリットが素晴らしすぎた件
  4. 情報

    ロードバイクの高額ホイールBORA Ultraを興味本位から調べてみた
  5. テクニック

    やっぱりダンシングは深い。ダンシングのコツまとめた
PAGE TOP