走ってきました

アワイチでグルメも楽しまずただ走ってきただけの記事を書いてみる

はい、「アワイチしてきました!」という自己満足的な記事です。
誰得なのかという記事です。
ちょっとだけお付き合いください。
およそ1分くらいの暇つぶしにはなるでしょう。

「アワイチ行ってきました!」

淡々と走ってきたんです、グルメも楽しまず。
別に傷心しているわけではありません。
アワイチしていても早くゴールしたいという方に意識がいってしまったので、途中でグルメを楽しめるという心の余裕がありませんでした。車で高速道路を走っていてもサービスエリアには立ち寄らないタイプ。
特に今回は、8時間でアワイチを回るという目標を心の片隅程度で立てていました。これが焦ってしまってアワイチを最大限に堪能できなかった原因。

目的はなんですか

何を目的にするか明確にしてからアワイチした方が心に余裕が生まれると思いました。
グルメを楽しみたいのか。早いタイムを出したいのか。
グルメを楽しみたい。でも早いタイムも出したい。
どっちもできる人もいるかもしれないけど自分はまだ余裕がない。
グルメを楽しむ時間なのに、その休憩時間をロスと考えてしまう。
そうなるとそのグルメを心底、堪能できない性格。

性格の自己紹介も済んだところで、まず淡路島に行く方法は二通り。

車での行き方

車で行くなら岩屋ポートビル駐車場が一日最大料金500円と安い。
岩屋ポートビル駐車場
高速は淡路インターで降りましょう。明石海峡大橋は現金よりETCの方が安い。
料金表→本州四国連絡高速道路株式会社

船での行き方

船で渡る方法もある。
ジェノバラインという船でロードバイクと一緒にわたる。
料金は大人片道500円で自転車は片道220円。なので往復1440円。
淡路ジェノバライン
もし付近の駐車場とめるならタイムズ明石港が安かった。

一日500円。ジェノバラインの乗り口からも近いのでおすすめ。

乗り口はここ。券売機があるので料金はそこで支払う。トイレもあったので助かった。
券売機から左方向に歩くと搭乗口があるので、そこにいる従業員にさっき買った券を渡す。
「自転車はこっち」とか指示されるので、その通りの場所で待つ。

船が来たら自転車を乗せる。乗せたら船員が前輪をロープで縛って倒れないようにしてくれる。
そして船員から「ゴムバンドして」と言われたのでゴムバンドとサドルを固定した。
13分程、船に乗っていると淡路島の岩屋乗り場に着く。船酔いしないか不安だったけど、乗っている時間も短いしテレビも付いているので大丈夫だった。
ちなみに岩屋乗り場の隣が岩屋ポートビル駐車場。

出発

岩屋乗り場にある広場で記念撮影しツイッターで呟いてから出発!


長くなるので次回に続く!1分くらいのひまつぶしになりましたか?

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  2. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. 走ってきました

    目標達成!ロードバイクの初心者が六甲山を登山した

    目標を達成した!ロードバイクで六甲山を登れた。いつも通りツ…

  2. 走ってきました

    大野山ヒルクライムに行ってきた!

    大野山ヒルクライムに行って来ました!近々、参加するブルベのコースで…

  3. 走ってきました

    走りやすいと有名な「三田ループ」に行ってみたが。兵庫県三田市。

    兵庫県の三田市に「三田ループ」という所があります。名前は聞いたこと…

  4. 走ってきました

    夜に霧が濃い山の中をロードバイクで走ってみたら怖すぎた

    夜中の山会社帰りに六甲山に行ってヒルクライムしようと思っていた…

  5. 走ってきました

    初めての挑戦!六甲山をロードバイクで登った

    六甲山に登りたい標高931メートル。俺は今まで六甲山(裏の…

  6. 走ってきました

    夜の六甲山ヒルクライム。裏六甲から船坂。

    会社帰りに六甲山会社帰りに六甲山へ行ってきました!退勤後、ワイ…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 情報

    スプロケの丁数とかTってなに?
  2. ロングライド

    輪行袋が使えればどこでも行けると思う。初めてJRで輪行してみた。
  3. ひとりごと

    シューズカバーいる。冬にライドして実感。
  4. 情報

    バイクパッキングでもロングライドでも使えるサドルバッグを選んでみた
  5. テクニック

    機材トラブルを事前に防ぐ!ロードバイクの点検方法
PAGE TOP