情報

台湾を自転車で一周する事を環島(ホォンダオ)と呼ぶ

台湾一周。
走ってみたいです。
台湾を一周することを環島(ホォンダオ)と呼びます。
年間数万人が走る大人気なサイクリングスポットなんですね。
参考までに年1回開催されるアワイチのイベントでは約2,000人集まるそうです。
毎月アワイチイベントやってるような感じか。すげえよ、それ。

環島のルートは

環島1号線が2015年末に完成していて、距離は約960km。
距離を見ると何とか走れそうな気がしませんか?
20kmごとに給水や休憩ポイントが設置されてる模様。
ルート標識も整備されていてインフラ進んでそう。
オフィシャルの動画がありました。

綺麗ですね。
景色の話です。
ちゃんと景色も見て下さいよ。
うん、もしかしたら美人もいるかもね。

ジャイアントのサイトからこんな動画もありました。
昼間に観光も兼ねるなら、1日100kmくらい走って約10日間。
だいたい10日くらいを目安に走行するそうです。
自分で行きたい場所を選んでルート組んでもいいですね。
海沿いに大回りするルートで回る人もいるそうです。

人気の背景

ジャイアントの創業者のキング・リューという方が、73歳になる2007年に環島を成功させたみたい。
それを各メディアが紹介した事が環島が人気となった要因みたいですね。
年齢を重ねても乗れるロードバイクっていいですね。

台湾の季節や台風は大丈夫?

台湾は年中温暖です。
冬は10度きることは稀みたいですね。
夏は30度になることもあるので、熱中症に注意して水分を多めに持ってった方が良さそうです。
ライド中、どこにドリンクが売ってるかも分からないので、買えるところで買っといた方がいいかも。
季節感は日本と同じ様な感じで、5月は雨期で、6月~9月は台風が最も多い時期。
レインウェアは必要ですね。

自転車の運び方

自分の自転車を海外に持って行く方法です。
飛行機に乗せるにはだいたい20kgまで無料の航空会社が多いですね。
で、輪行袋の3辺が203cm以内。
このあたりは航空会社によって違うので乗る前に確認が必要。

で、国際線の飛行機で手荷物の扱いを見たことある人もいると思うのですが、結構荒いです。
なので、しっかり自転車を衝撃から守れるような輪行袋がいいと思います。

電源コンセントの違い

台湾は電圧が110Vで周波数が60Hzなので、ホテルに泊まってスマホとかライトとか充電するなら変換プラグが必要ですね。

治安も悪くないので、テントもいいかも。
安全に行くならホテルですかね。
ただ、会社員なら2週間くらい休めるかどうかですね。
2018年の目標にしておこう。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  2. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. 情報

    新しく買ったzondaホイールにスプロケを装着してみたら簡単だった件

    室内ローラーを買ったので、今まで使っていたホイールはローラー用に使うこ…

  2. 情報

    ロードバイクのおすすめ漫画を描いた漫画家の過去作品を紹介する

    漫画ばかり読んでる「大人」でもいいじゃないか一昔前なら「漫画ばっか…

  3. 情報

    クランク長の長さで何が変わるのか

    自分のロードバイクのサイズは430mmだ。身長から見るとこのサイズ…

  4. 情報

    ジャイアントのロードバイクがダサいと言われる不思議

    ロードバイクを初めて購入する時、どのメーカーにするか悩みますよね。…

  5. 情報

    ロードバイクでコンデジは必要?スマホで十分なのか。

    ロードバイクに乗っていると、体の負担を考え、なるべく荷物を減らして軽量…

  6. 情報

    スプロケの丁数とかTってなに?

    丁とかTとかなんなのよく11-28Tとか「数字ー数字T」を目にする…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 行ってきました

    裏六甲dnfしたが復活したので一軒茶屋まで再トライした
  2. ひとりごと

    前輪がグラグラしてるから振れ取りしないと
  3. 情報

    ロードバイクのビンディングシューズのつま先だけが消耗する対策
  4. ひとりごと

    寝たら細胞レベルが復活する
  5. 情報

    ズイフト(zwift)をスマホでやってみた!Bluetooth対応サイコンで気軽…
PAGE TOP