グッズ

ZWIFT(ズイフト)ができるミノウラのローラー台を買ったら予想以上に良かった!

ローラー台を買いました!
買った理由は、ズイフトがしたかったからです。
自宅であれば、季節や天候に関わらずロードバイクに乗れるところが大きなメリットですよね。
買ったローラーはミノウラLR340という機種。
低価格ながら静寂性が高くズイフトもできるので人気があるモデルです。
現行モデルはLR341になりますので、今回買ったのは旧モデルということになります。

折りたためるので段ボールの中でコンパクトに収まっていました。

LR340についてメーカーホームページから抜粋


幅610mm,奥行420mm,高さ400mm

・平地走行の再現性より、坂道でのフィーリングを重視した味付け
・仮想重量1.5kgの慣性を再現するステアステップデザインのフライホイール
・LiveTrainingを楽しめる、簡単脱着式7段リモートコントロールシフター
・ハイケイデンス/低トルクの高速トレーニングにも対応
・外出する際に持ち運びやすい本体重量
・125-145mmまでのオーバーロックナット寸法に対応
・24インチ~700cまで対応

この機種にした理由は、静寂性と価格です。
ローラー台の種類については過去記事にもあります。
雨でもロードバイクに乗りたい!静かでマンションでも使えるローラー台まとめ
マンションなので静寂性が高いことは必須です。
静寂性が高く価格が安い中でローラー台を選ぶと、LR340という選択になりました。
早速、ローラー台ってどうなの?といった疑問に答えていきたいと思います。

静寂性

正直、これで静かな方なのか?と思いました。
この機種は静寂性がいい方ですが、静寂性が悪いといった機種を買ってマンションで使う場合は注意が必要です。
LR340ではインターバルトレーニングなど激しくペダルを回すとウィーンとモーターの低音が響きます。
乗りながら、「音でかいやん!!」と思っていましたが、別室にいた家族に聞いてみるとたいして音は聞こえないそうです。
ロードバイクに乗ってローラーを回している本人は走行音が大きく聞こえますが、周りにはそうでもないのかも。
洗濯機や食洗機の方が音が大きいです。ましてや掃除機の方が音がでかい。
タイヤの摩擦音もないしウィーンという音だけ。軽いギアで回せばウィーン音も抑えられます。
ただ、繰り返しますが静寂性が少しでも悪いローラーは音の響きが大きいのではないかと思います。
最も静かと言われるダイレクトドライブ式のローラー台でも振動音はあるそうなので、静かなローラー台といっても無音ではない。

続くかどうか

今の時代、ローラー台を続けやすくする仕組みは整っています。
ミノウラにはLiveTrainingというアプリケーションもあります。
また、ズイフトは有名ですね。
オンラインでローディと繋がって一緒に走れるのはおもしろいです。
後ろにピッタリ張り付いてくる人もいるし!
抜かされまい!と思って走ってるとペースと共に心拍数も上がってしんどすぎたり。
景色をみながら走ったり。
パワーも表示されますので自分の走力が数値で分かります。
ただ、1時間で飽きるわ!
時間を決めたり、距離を決めてメリハリ付けて、動画見ながら走る方が飽きないかも。

ローラー台買ってもいいか

ローラーを買うメリットは大きいです。本当に天候に関係なくバイクに乗れます。
音は無音ではありませんので、マンションなど集合住宅の方は静寂性が高いモデルを選んだ方がいいです。
長時間は飽きるかもしれませんので続けられる環境を整えた方がいいかと思います。
個人的には動画見ながらが一番続けれる。それかインターバルトレーニングで時間決めてやるか。
インターバルトレーニングも、しんどくなったら、すぐ床に寝ころぶ事が出来るのは屋内のメリットだと実感しました。
公道で寝転がってるやついないよね。

ローラーをする上で必要なもの

ローラーとロードバイクがあればローラーを回せますが一緒に買った方がいいと思った物を紹介します。

ローラー用タイヤ

ローラー用のタイヤがあればタイヤとローラーの摩擦が減って走行音を抑えることが出来ます。
硬くて摩耗しにくいのが室内練習専用タイヤの特徴です。
ローラー用のタイヤってのがあるんですね。
今まで知りませんでした!またロードバイクに詳しくなりました。
リアだけタイヤ交換すればいいので、価格も2000円ほどでしたので、ローラーと同時に買いました。

摩擦音は無いですし、タイヤカスもでていません。

マット

防音や防振の為にクッションマットを敷きました。
下や隣に住んでいる方の為にも何か敷いていた方がいいいでしょう。
防振対策は必須だと思います。

LR341

今回買ったLR340の後継モデルです。
マイナーチェンジですね。タイヤの位置調整が簡単になっています。

ローラー台買ってよかった!

ローラーを買って良かったです。
ズイフトもできた!!
いつでも練習できるし練習成果を外に試しに出たくなります。
雨の日でも関係ありませんし、ロードバイクに乗る機会が増えるので確実に早くなれると思います。
この記事が、これからローラー台を購入しようと考えている方の参考になれば幸いです。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  2. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. グッズ

    バイクパッキングでもロングライドでも使えるサドルバッグを選んでみた

    バイクパッキングが流行っている。自転車を楽しむ一つのカテゴリーだ。…

  2. グッズ

    ヒルクライムでダンシングとシッティングってどっちが早いのか

    前回の六甲山では3km程の距離をダンシングだけで走ってみた。し…

  3. グッズ

    パワーメーターって何?ロードバイク初心者に必要なのか

    パワーメーターを調べてみたパワーメーターとはワット(出力)が測れる…

  4. グッズ

    Zwift(ズイフト)で使えるスマートトレーナーって楽しそう

    まず、Zwift(ズイフト)とは実際にロードバイクを使ってオンライ…

  5. グッズ

    フレームやホイールの剛性と走行の関係

    剛性物体の、形の変化に対する弾性。弾性体が、曲げ・ねじりなどの力に…

  6. グッズ

    最近流行のグラベルロードバイクとロードバイクはなにが違うのか

    グラベルとは砂利道のことだ。砂利と聞くとロードバイクとは異なる乗り…

Latest

Archives

Categories

Facebook Page

  1. テクニック

    ダンシングだけで全力走してみた結果
  2. グッズ

    初めてのビンディングシューズ。シマノ RC7を選んだ。
  3. テクニック

    ロードバイクを長期間乗らない場合のメンテナンス
  4. テクニック

    ダンシング練習の参考になる動画をまとめた
  5. テクニック

    ツールドフランスで導入された「AI」マシンラーニングとは何か
PAGE TOP