走ってきました

夜に霧が濃い山の中をロードバイクで走ってみたら怖すぎた

f:id:atomkingu:20170718223645j:plain

夜中の山

会社帰りに六甲山に行ってヒルクライムしようと思っていた。

その日は、仕事が夜の11時くらいに終わったので少し疲れていたが、リュックにサイクルウェアも準備していたし、夜景も見たかったので、六甲山に向かった。

途中、コンビニで補給しつつ、六甲山に着いたのは24時頃だった。

電灯が無い

裏六甲の入り口に着くと車の走り屋が縦列していた。

その横を通り過ぎ、山を登って行こうすると、道は真っ暗だった。

電灯が全くついていないのだ。

「そうか、入り口は何台もの車のヘッドライトが付いていたので明るかったけど、山の中は真っ暗なのか」

自分のライトだけが道を照らしている。

時々、車が行き来するので道がヘッドライトによって明るくなるが、入り口にたくさん車が止まっていた割にあまり走ってこない。

すぐに真っ暗になる。

霧が出ているから走ってこないのか。

f:id:atomkingu:20170718224319j:plain

山を登って行くにつれ、霧が濃くなってきた。

道はかなり暗い。

暗さ加減を写真に撮ってみようかと思ったが、撮っても真っ暗で何も写らないだろうし、写ったとしてもオバケくらいか、などと今の状況を少し滑稽に思いながらも、得体の知らない鳴き声や、側道から聞こえるガサガサ音を、聞きながら登って行く。

汗をかいているが、体が熱くない。

冷や汗だ。

真っ暗で不安だからか、それとも標高が高くなって気温が下がっているから体温が上がらないのかは分からないが、登って行くにつれて寒くなってきた事は確かだ。

裏六甲を登り切った

やっと明かりが見えてきた。

記念碑前の交差点だ。

ここは街灯もあるし、自販機もあるので明るい。

車もたくさん止まっている。

安堵しながらも一軒茶屋へ向かう。

またもや暗い

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pp_dentou_TP_V1.jpg

観光場所であるガーデンフィールドやアスレチックがある道は電灯もあり走れたが、その先から霧が濃くて、数メートル前も見えないくらい視界が悪い。

そして、またもや電灯がついていない道となった。

それでも一軒茶屋はもうすぐだったので進んでいった。

折り返す

電灯がついていない道を走る。

もうすぐ一軒茶屋に着く所だったが、これは本当に危険すぎた。

濃霧だ。

先が全く見えない。

残念だが引き返すことにした。

なぜ山頂につれ霧が濃くなるのか

(きり)とは、水蒸気を含んだ大気温度が何らかの理由で下がり露点温度(水蒸気を含む空気を冷却したとき、凝結が始まる温度に達した際に、含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態。

霧 – Wikipedia

山の斜面を暖かく湿った空気が上がっていき、高度が上がるにつれ徐々に冷やされると霧が発生するのだ。
夜は気温が下がる。確かに、登るにつれて寒かった。

それで霧が発生したということか。

ダウンヒル

記念碑前の交差点まで何とか帰ってきたところで少し休憩した。

これから真っ暗の中、山を下らないといけない。

念の為、ツイッターで下山報告をする。

慣れた道だが、暗すぎて、路面状況の確認はできない。

それでもゆっくりなんとか下山することができた。

過去記事で書いたダウンヒルのテクニックを思い出しながら下った。

www.tomokici.com

総論

夜練しようと考えている方は、通る道に街灯の有無を確認しておきたい。

昼は明るくても夜になると街灯がついておらず、想像以上に暗い道かもしれない。

また、夜に山を走るなら霧が出るかもしれない事を知っていたほうがいい。

特に、知らない山道は危険だ。

濃霧になれば道の状況がつかめない。

暗い夜道で単独事故を起こせば誰かに発見してもらえる可能性も低い。

夜練する場合、道に街灯があり明るければ良いが、暗い場合は、まだ明るい夕方に練習した方がいいかもしれない。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る
  2. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  3. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。

関連記事

  1. 走ってきました

    鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試してみたよ!

    半年ほど履いていた「鉄下駄」からゾンダに変えました。重量も500g…

  2. 走ってきました

    裏六甲dnfしたが復活したので一軒茶屋まで再トライした

    久々の六甲山だがやっと六甲山に登れる日が来た。ロングライド…

  3. 走ってきました

    夜の六甲山ヒルクライム。裏六甲から船坂。

    会社帰りに六甲山会社帰りに六甲山へ行ってきました!退勤後、ワイ…

  4. 走ってきました

    続き。アワイチでグルメも楽しまずただ走ってきただけの記事を書いてみる

    前回の記事→アワイチでグルメも楽しまずただ走ってきただけの記事を書いて…

  5. 走ってきました

    六甲山への行き方。西宮市船坂から小笠峠を通るルートを紹介する。

    平日の休みを利用して午前中から六甲山を登ってきました。ルートはいつ…

  6. 走ってきました

    アワイチでグルメも楽しまずただ走ってきただけの記事を書いてみる

    はい、「アワイチしてきました!」という自己満足的な記事です。誰得な…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. 情報

    手組みホイールとか完組みホイールってなに?
  2. ロングライド

    兵庫県から福井県まで230km。ロードバイクで走った。
  3. ロングライド

    挑戦表明。ロードバイク初心者がロングライドに挑戦する。
  4. ひとりごと

    確かにローディに冬時間は必要かもしれない。
  5. ひとりごと

    スプリントかっこいいからマネしてみたけどどうやって自撮りしたらいいのか
PAGE TOP