グッズ

いざ使う時の為に!TNIのCO2ボンベの使い方をまとめた

使い方を知っておく

パンク対策としてTNIのCO2ボンベを買って2ヶ月ほどが経つ。

いまだに出番がない。

良い事なのだろうが、いざTNIのボンベを使おうとした時、上手くいくだろうか。

通勤途中でパンクしたら、短時間でチューブにCO2を入れる必要がある。

できるだろうか。

一度試してみればいいのだろうが、ボンベ1本とチューブ1本を試しの為に無くなってしまったらもったいない。

CO2ボンベは1本ごとの使い捨てなので、実際に試さずに、予め使い方をマスターしておくことで、無難にパンク対策を行いたい。

ケチ野郎と言われても許すぜ

使い方

f:id:atomkingu:20170809000246j:plain

説明書は付いているが、これだけで本当にできるのだろうか不安なので、TNIボンベを使っている動画を調べてみた。

人気商品なのでレビューが多く使い方が分かって助かる。

要点まとめ

赤キャップをCLOSEにしておく。

ボンベをキャップにセットしプシュっと音がするとこまでねじ込む。

チューブのバルブに金色部分をねじ込む。

赤キャップをゆっくりOPEN。

チューブがタイヤに噛んでないか確認。

赤キャップを最大にOPENにする。

これで終了。

入れ始めてから1分半程度で充填している。

説明しながらなので実際はもっと早いかもしれない。

この動画はチューブを替えるところから説明が入る。

確かに実際パンクしたらチューブを替えると思う。

そして中身を使い切れば缶・瓶・ペットボトルと同じ様に廃棄しているところまで動画に撮っているところに共感を受けた。

ユーザー視点で動画撮影している方の動画は分かりやすい。

どんな勢いでCO2が噴出するか試している動画見つけた。

おれは怖くてできない!

実際パンクしてからはこんな流れになるであろう参考動画。

非常に早くて便利だが一つ注意点がある。

f:id:atomkingu:20170808234206j:plain

赤いカバーをボンベに被せて使うのだが、これが入りにくい!

中にはスッと装着している方の動画もあったが、これは個体差によるものなのか。

f:id:atomkingu:20170808234457j:plain

被せづらい!硬い!

なので、実際使う事になる前に、予め頑張って被せておく方がいいと思う。

まとめ

空気をしっかり入れておくことでリム打ちなどのパンクは防げるので、適正な空気圧を保つ事が重要だ。

ただ、それ以外にも何か踏んでしまったり、予測外の事でパンクは起こりうる。

パンクすると最悪、自走できず困ってしまうだろう。

そんな時の為にパンク対策品を用意しておきたい。

特に通勤で使われている方は、パンクしたから遅刻するという理由は信用問題に関わると考える人もいるので、パンクしても遅刻しないよう迅速な対応ができた方がスマートだ。

TNIのCO2ボンベの使い方にまだ不安がある方はこのブログを見て覚えていただければ幸いだ。

下記はブログランキングのボタンです。

ランキングのポイントが付いて順位が上がっていきます。

励みになっていますので押して頂くと有難いです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄ホイールでアワイチしてきた。迷いやすい交差点をまとめる

関連記事

  1. グッズ

    ツールドフランスで導入された「AI」マシンラーニングとは何か

    マシンラーニングが導入された?2017年度のツールドフランスか…

  2. グッズ

    ロードバイクでコンデジは必要?スマホで十分なのか。

    ロードバイクに乗っていると、体の負担を考え、なるべく荷物を減らして軽量…

  3. グッズ

    Zwift(ズイフト)で使えるスマートトレーナーって楽しそう

    まず、Zwift(ズイフト)とは実際にロードバイクを使ってオンライ…

  4. グッズ

    ロードバイクの電動変速di2かっこいい!!と思ったので調べてみた。

    見れば見るほどかっこいい電動コンポの話。ボタンでシフト…

  5. グッズ

    ヒルクライム用ロードバイクってあるの?軽量バイクを調べてみた

    ヒルクライム用のロードバイクそもそもヒルクライムに特化した軽量ロー…

  6. グッズ

    ロードバイクのおすすめ漫画を描いた漫画家の過去作品を紹介する

    漫画ばかり読んでる「大人」でもいいじゃないか一昔前なら「漫画ばっか…

Latest

Archives

Categories

Facebook Page

PAGE TOP