情報

ロードバイクのフレーム形状の違いまとめ

ロードバイクのフレームの形にはスローピングとホリゾンタルという形状があります。
そして、それらの形状には意味があるのです。
初めてロードバイクを選ぶときには、もちろん好きな形状で選んでもいいのですが、せっかくなので形状の特徴についてまとめてみましたので参考になれば幸いです。

スローピング

スローピングフレームとは、トップチューブの後ろが下がるように取り付けられているフレームである。フロントサスペンションのストロークの分ヘッドが高くなりがちなマウンテンバイクのフレームから始まり、ロードバイクでも主流はこのタイプになった。構造上小柄になることから、フレームの剛性向上、軽量化・低重心化といった利点がある。工業製品としての利点も多く、ユーザー側には身長の低いライダーも乗車可能になるという利点、メーカー側には細かなフレームサイズを多種用意する必要がないという利点がある。トップチューブの傾斜度にはバリエーションがあり、傾斜をゆるく平行に近くして「セミスローピング」などと称されるタイプもある。2014年現在、マスプロメーカーのロードバイクは多くがこちらを採用している。個人のフレームビルダーも低重心、足付きのよさに注目して採用するところもある。台湾のジャイアント・マニュファクチャリングが、スローピングフレームの採用で有名である。
一部のロードバイクでは高速性を追求して極端な前傾姿勢で搭乗するためトップチューブの後方側が上がっている逆スローピング形状のフレームも存在する。

特徴

1996年頃から登場した比較的新しい形。
トップチューブがサドル側に下がっているのが特徴。
マウンテンバイクの形に似ていますね。

  • 低重心
  • ふらつきをおさえられる
  • コーナリングの遠心力の抑制
  • またぎやすい
  • シートポストの上げ下げ幅が大きくできるので同じフレームでも身長の対応できる。
  • パイプが短くなるのでその分、軽くできる

ホリゾンタル

ホリゾンタルフレームとは、トップチューブが地面と平行になっているフレームである。もともとのダイヤモンドフレームはこの形状であり、ロードバイクはもちろん、初期のマウンテンバイクもこの形状だった。構造上、次に述べるスローピングに比べ大柄で重量的には不利となる。しかし、その整った外観を好む愛好者も多くいる。トップチューブを肩にかける担ぎを多用するシクロクロスではホリゾンタルフレームの愛用者が少なくない。2014年現在、マスプロメーカーではホリゾンタルフレームのロードバイクは少なくなってきているが、主にオーダーによってクロムモリブデン鋼で作るフレーム(ロードバイク、ランドナー、スポルティーフ」など)ではこのタイプの採用が多い。また、完全なホリゾンタルフレームはホリゾンタル換算トップチューブ長とフレームサイズが同一になるが、同じ車種でもフレームサイズによって若干スローピングしているものも多くある為、一般的にはホリゾンタル換算トップチューブ長とフレームサイズの長さが同じものがラインナップされてる車種はホリゾンタルフレームと呼ばれる。

特徴
  • 見た目がかっこいい
  • トップチューブが地面と水平であるということは、振動吸収性に優れている。
  • ロングライドで使えば疲れにくい。
まとめ

用途によってホリゾンタイルにするかスローピングにするか、それとも見た目で決めるか、どちらでもいいと思いますが、
大事なのは自分の身長に合ったサイズを選択する事ですね。
そしてスローピングもロングライドできるしホリゾンタイルでもヒルクライムできる。
そのフレームだから出来ない訳ではないので、適正なサイズを選んで好きなロードバイクに乗って自転車を楽しむことが一番ですね。

この記事が面白かったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 鉄下駄からミドルクラスのホイールzondaに変えたらどうなるのか。六甲山で試して…
  2. 六甲アイランドは走りやすかった!ロードバイク初心者におすすめの練習場所。
  3. 淡路島で子供とサイクリング!24インチのロードバイクと走る

関連記事

  1. 情報

    スプロケの丁数とかTってなに?

    丁とかTとかなんなのよく11-28Tとか「数字ー数字T」を目にする…

  2. 情報

    Zwift(ズイフト)で使えるスマートトレーナーって楽しそう

    まず、Zwift(ズイフト)とは実際にロードバイクを使ってオンライ…

  3. 情報

    人気タイヤのコンチネンタルグランプリ4000S2を調べてみた

    タイヤを交換する第一の理由は、消耗したタイヤから新しいタイヤに履き替え…

  4. 情報

    手組みホイールとか完組みホイールってなに?

    手組みの意味は分かる。辞書にも載っているし、一般的な意味は「人の手…

  5. 情報

    そろそろ寒くなってきたのでロードバイクの防寒対策を考える

    ロードバイクを買って初めての秋。9月に入り、暑さも少しだけ、ま…

  6. 情報

    手作りのエナジーバーを簡単なレシピで作ってみた

    補給は大事だ。エネルギー切れは危険だ。補給食であるエナ…

最近の記事

Archives

Categories

Facebook Page

  1. テクニック

    ロードバイクで膝の痛み。解消法はあるのか調べてみた。
  2. 情報

    ロードバイクを通販で購入してみて思った事。24インチのANCHOR(アンカー) …
  3. 情報

    手作りのエナジーバーを簡単なレシピで作ってみた
  4. 交通ルール

    自転車専用ゾーンを増やしたら事故は減るのか
  5. ひとりごと

    娘ちゃん用の16インチの自転車を探す。
PAGE TOP